Home  |     はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

ストック・オプション

ストック・オプション評価:トップページ

『ストック・オプション等に関する会計基準』の施行によりストックオプションは、 報酬としての費用を計上する会計処理が必要となっています。

「ストック・オプション」とは、会社の役員や従業員に対して、 予め定められた価額(権利行使価額)で会社の株式を取得することのできる権利を付与し、 取締役や従業員は将来、株価が上昇した時点で権利行使を行い、会社の株式を取得し、 売却することにより、株価上昇分の報酬が得られるという一種の報酬制度です。

報酬額が企業の業績向上による株価の上昇と直接連動することから、 権利を付与された取締役や従業員の株価に対する意識は高まり、業績向上へのインセンティブとなります。

「ストック・オプション」はこのような性格のものですが、「新株予約権」が会社の役員や従業員(正確には外部協力者も含みます) に発行された場合に、「ストック・オプション」と呼ばれます。

「新株予約権」が会社の役員や従業員等以外に発行された場合には、「ストック・オプション」とは言われません。

そもそも、「ストック・オプション」の言葉自体が、 「ストック=株式」と「オプション=デリバティブ」から構成されていますので、 「ストック・オプション」は本来はデリバティブ(金融派生商品)です。

このサイトでは、「ストック・オプション」について詳細な部分まで説明を行っていきます。

また、無料の評価用フォームも掲載していますので、発行コストを試算するためにご利用下さい。










LOUNGE

株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、ストック・オプションの評価を実施しております。
業務のご依頼・お問合わせ事項が御座いましたら、下記よりお問合わせ下さい。

お問合わせ